フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
Milan旅行記 2011年1月(1)
このところ旅のことをちっとも書いていませんでしたが、すこし書いてみようかと思います。いつも出かける前と帰ってきてからに余裕がなく、書きたいなあと思っているうちに時が経ってしまうのですが、今回は帰国後の予定がいい子ちゃん月間となっておりまして。要するに観に行くバレエ公演がない。スカラ座でムッルの舞台を観てきたらしばらく日本での鑑賞を控えよう、ここ1年ぐらいそう思うようになりました。ゆっくり余韻を味わっていたい、他のものを入れたくない。しばらくと言ってもまあ半月から1ヶ月程度、実際にどうしても観たいと思うものがあった行っちゃうでしょうけれど。
それと同じことが行く前にも言えて、何故か出発前に日本での公演が集中する傾向が続いているのですが、これまたスカラ座でムッルを観たら最後、印象が薄くなってしまう。今回はベルリン国立バレエが、前回は合同ガラが忘却とは言わないまでも遠くなってしまいました。

今回はずっとミラノにいたのでこれといった話題もないのですが、写真も入れながらちょこちょこといきます。

まず、今回初めて羽田発JAL便を使ってみました。深夜1時30分発、朝6時20分 パリ シャルル・ド・ゴール(CDG)着のスケジュール。
ミラノへの成田からの直行便は今やアリタリアだけ、それもミラノ着が夕方の18時過ぎますし、毎日飛んでいるわけではありません。20時開演のスカラ座であっても、この直行便で着いた日に鑑賞するのはかなりリスクがある。安全策をとるならもう一日余分に休まねばならない。と言う訳でこれまでずっと成田21時55分発のエールフランスでパリに飛び、乗り継いでミラノ、というルートを使ってきました。これなら午前中にはミラノに着いて、夜の公演にそなえて休息をとることもできるし、仕事を終えてから出かけられるので好都合なのです。
ところがこの便利なエールフランスの夜便、所要時間が14時間超と長い。成田とCDGの発着可能時間に合わせて出られるぎりぎりに出て、入れるいちばんに入る、という設定になっているらしいのです。毎回人気もまばらなCDGに早朝4時過ぎについて、乗り継ぎのターミナルのセキュリティチェックが5時ぐらいに開くまで、空港職員の通勤してくるのを眺めながら待っている状態。
今回の羽田便は所要13時間弱。そこには1時間半ぐらいの差がありました。

P1000948_convert.jpg

これはCDGの2Fターミナル(ミラノ行きが出発)のセキュリティチェックを入ったところにあるラデュレのお店。
帰りの2Eターミナル(日本便発着)にあったらマカロンを買い込むところでしょう。

さて、羽田便を使ってみてどうだったか。
次も必ず羽田便を使いたいかと言うとそうでもない。確かに身体はすこし楽でした。けれど自宅が羽田にそう近くなく、仕事が終わるのが遅いわけでもない私には出発までの時間をどう過ごすかが難しい。これは慣れの問題ですが、すっかりAF便の機内スケジュールに馴染んでいるので、違うテンポに少々戸惑いも覚え。さらには客室乗務員の距離感がAFの方が好みです。
今回はAF側からの予約でしたが、WEBチェックインが使えなかったのが不便でした。もうひとつJALの方が機内持込制限が2キロも少ない(10キロ)。短い日程なら荷物はすべて機内に持ち込むことにしているのでこれは痛い。羽田からJALが深夜便を飛ばすなら、マイルをJALに集中しようかとも思いましたが、やっぱりAFから離れられないようです。今回のスケジュールを調べていた時には特にJALの方が安いと言うこともなかったし。

ちなみにJALでは最初に飲み物とリフレッシュメントとして小さな蒸しパンが2つ出て、6時間後ぐらいに大きなお食事、さらにその3時間強後に朝食のクロックムッシュが出ました。さすがに深夜1時30分発では最初に食事は出さないのですね。ボリュームは日本人仕様でちょうど良かったし、お食事は繊細でおいしかったです。
AFの場合は最初が大きな食事(つまり夜中の12時すぎにしっかり食べることになりますが)、着陸の2時間ぐらい前に朝食でその間には軽食をギャレーにもらいにいくこともできます。全員分はないようですが人気はミニ・カップヌードル。私は食べたいと思わないのでカップヌードルをもらったことはありません。食事は味もヴァリエーションも充実している方ではないかと思いますがボリュームは欧米人向き。
最初はよくわかっていませんでしたが、アリタリアで帰ってきたこともありますし、友人の話を聞いたりすると、どうもAFはエコノミークラスのサービスレベルに余裕があるようですね。

さすが日本の航空会社、日本語で見られる映画が多いわと思いつつ、機内は寝る!を今回も実施してしまいました。

旅 Milan 2011/01 | 【2011-02-11(Fri) 23:44:20】
Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。