フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
この非常の時に
この非常の時に芸術関連に対するいろいろな思いがあります。

被災された方々にとっては、まずは生命の危険から解放され、生活の基盤ができ、日常を送れるようになることが先決だけれど、やがてその先に心のために芸術が必要とされる時が来ると考えていること。

無事に日常を送れているけれど、停電や様々な状況から彼らにとっては仕事、生きる糧である活動を中止することを余儀なくされているアーティストたちがいること。

公演の中止と払い戻しを行った主催団体その他は大きな損害を被ったであろうこと。そのことが今後の活動に影響を及ぼすことが懸念されること。

公演を中止せず続けて、そのことに対しての考えを表明している主催者たちがいること。

予定の公演で義援金を募ったり、新たにチャリティの公演を企画する動きがたくさんあること。それは世界中におよんでいること。

被災された方々が必要とするときのためにも、被災地のみならず日本全体で復興に取り組んでいくようになるこれからのためにも、もっと先の未来のためにも、芸術の世界とそれに携わる人たちが力を失うことのないようにと願っています。
その為に自分にできることは何かないのか。

特にバレエに特化して愛好していますが、舞台芸術全般、舞台に限らずとも、音楽、美術、ことば、映像・・・とたくさんの “命を永らえるに直接は関係しないかもしれないもの” が人の心に働きかける力は大きい。悲しい話に涙を流すことがわかっていても足を運ぶのは、そこで生きているよろこびを実感できるからです。

そんなことをぐるぐる考えるきっかけとなった、たくさんの情報を集めて発信してくださっている2つのブログ。

naomiさんの la dolce vita

震災とパフォーミング・アーツ関連の動き シリーズ(最新は8でなんとギエムなど豪華出演者のチャリテイ公演について知らせてくれています)

大和雅美さんを応援しよう!masamiFCブログ

状況など シリーズ(最新は11 仙台フィルによる復興コンサート/芸術・文化による震災復興支援ファンド

ご存知とは思いますがぜひお読み下さい。受信で精一杯の私には、こちらがもたらしてくれる情報は本当にありがたく感謝しています。そしてその考えに賛同することを表明致します。

未分類 | 【2011-03-26(Sat) 00:28:01】
Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。