フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
Gala des Étoiles 詳細
スカラ座のオフィシャルなど足が向かない日々が続いておりました。
昨日届いたダンスマガジン5月号にロベルト・ボッレがののインタビューが掲載されており、4月末にスカラ座で「さすらう若者の歌」を踊ると言っています。そこを読んだ時じわじわと、なるほどやら嬉しいやらの気持ちが広がってきて・・・確かに両男性エトワールが揃うんだから、可能性はあったんだ、なんて発想に乏しいのだろう私はと思いつつ。
オフィシャルにも詳細が出ています。これが最終かどうかはわかりませんが。

Gala des Étoiles

Direzione
Direttore:David Coleman

Cast
Étoiles
Roberto Bolle (Teatro alla Scala)
Hélène Bouchet (Hamburg Ballett)
Agnès Letestu (Ballet Théâtre National de l’Opéra, Parigi)
Florian Magnenet (Ballet Théâtre National de l’Opéra, Parigi)
Massimo Murru (Teatro alla Scala)
Olesia Novikova (Balletto del Teatro Mariinskij-Kirov, San Pietroburgo)
Leonid Sarafanov (Balletto del Teatro Mikhailovsky, San Pietroburgo)
Friedemann Vogel (Stuttgarter Ballet)

Artisti del Corpo di Ballo del Teatro alla Scala

Programma
Chant du compagnon errant
Coreografia Maurice Béjart
Musica Gustav MahlerLe

Spectre de la rose
Coreografia Michel Fokin
Musica Carl Maria von Weber

Diana e Atteone
Coreografia Agrippina Vaganova
Musica Cesare Pugni, adattamento di Riccardo Drigoda

L’histoire de Manon
Coreografia Kenneth MacMillan
Musica Jules Massenet

Mopey
Coreografia Marco Goecke
Musica Carl Philipp Emanuel Bach (musica registrata)da

Onegin
Coreografia John Cranko
Musica Pëtr Il’ič Čajkovskijda

Proust, ou les intermittences du cœur
Coreografia Roland Petit
Musica Gabriel Fauré (musica registrata)

Čajkovskij Pas De Deux
Coreografia George Balanchine
Musica Pëtr Il’ič Čajkovskijda

L’altro Casanova
Coreografia Gianluca Schiavoni
Musica Antonio Vivaldi (musica registrata)da

Orpheus
Coreografia John Neumeier
Musica Igor’ Stravinskij

ボッレが「オルフェオ」を踊るのがビッグニュースですね。彼のために創られた作品なのに故障で降板していたのですから。「さすらう若者の歌」もそれと同じ時期で、ムッル&コッラードになったのでした。やっと、二人が同じ作品で踊るのを見られる訳です。
「モペイ」はフォーゲルですね。
「マノン」はノヴィコワとボッレ?「オネーギン」はボッレのタチヤーナがいないようなのでムッル?(希望的観測)。
27日本日が初日の「L’altro Casanova」はファーストキャストがポリーナ・セミオノワとガブリエーレ・コッラードなのですが、ポリーナの名前がないのでセカンドのマルタ・ロマーニャ&ミック・ゼーニとか?
プルーストは曲がフォーレなので「モレルとサン=ルー」でしょう。これはムッル&ゼーニという可能性もありますがさてどうか。

で、ルテステュとマニュネ、サラファーノフが何を踊ってくれるのか全く見当がつきません。作品数はもう少し増えるのではという気もします。

スカラ座バレエ | 【2011-03-27(Sun) 17:54:11】
Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。