フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ミラノ・スカラ座 2011-2012シーズン発表
2日ほど前にスカラ座のFacebookページに以下のコメントが出ました。

Macano due giorni alla presentazione della stagione 2011/2012;tutti dettagli sul nostro site da venerdi

stagione 2011/2012 の文字がなかったら素通りしたのですが、これは!と翻訳をかけ、2日後の金曜日にサイトに詳細を載せるよ、と言っていることがわかり。
今日は夕方(現地午前中)から張っていました。
普段はオフィシャルも英語の方から入るのですが、この手の情報は先にイタリア語サイトに出ます。サイトトップのフラッシュもイタリア語の方ではもう出ていて、中身待ちでした。
例年5月末ぐらいの発表なので、1ヵ月半も早い。その辺の事情はわかりませんが早いのは助かります。

以下、急ぎバレエだけつぎはぎしてみました。間違っていたらごめんなさい。まったく、世界中のオペラ・ファンが固唾を呑んで(おおげさ)見つめているのはオペラの方でしょうに、バレエだけ必死に把握しようとする物好きがここに(笑)

Stagione 2011/2012 Balletto

Excelsior - Anteprima per i giovani
Gen. 2012: 18


Excelsior
Produzione Teatro alla Scala
Gen. 2012: 20, 22, 25
Feb. 2012: 2 (2 rappr.), 4, 8, 9

Coreografia:Ugo Dell'Ara
Regia: Filippo Crivelli
Musica:Romualdo Marenco
Revisione musicale di:Fiorenzo Carpi e Bruno Nicolai
Direttore:David Coleman
Scene:Giulio Coltellacci
a cura di:Michele Della Cioppa
Costumi:Giulio Coltellacci

Étoile
Roberto Bolle 20, 22, 25 gennaio


Con la partecipazione degli Allievi della Scuola di Ballo dell'Accademia Teatro alla Scala

Giselle
Produzione Teatro alla Scala
Feb. 2012: 18, 22, 24 (2 rappr.), 26, 28
Mar. 2012: 9 (2 rappr.), 13

Coreografia:Jean Coralli - Jules Perrot
Ripresa coreografica di: Yvette Chauviré
Musica:Adolphe Adam
Direttore:Paul Connelly
Scene e costumi:Aleksandr Benois
rielaborati da:Angelo Sala e Cinzia Rosselli

Étoiles
Svetlana Zakharova 18, 22, 24s febbraio
Roberto Bolle 18, 22, 24s febbraio


Artisti Ospiti
Olesia Novikova 9s, 13 marzo
Leonid Sarafanov 9s, 13 marzo


L'altra metà del cielo
Nuova produzione Teatro alla Scala
Mar. 2012: 31
Apr. 2012: 3, 4, 5, 6, 7, 11, 13


Coreografia:Martha Clarke
Musica:Vasco Rossi
Orchestrazione:Celso Valli
Drammaturgia:Vasco Rossi
con la collaborazione di:Stefano Salvati
Scene:Robert Israel
Luci:Marco Filibeck

Musica su base registrata

Marguerite and Armand - Concerto DSCH
Mag. 2012: 3, 4, 5, 8, 10, 18, 20, 23


Direttore:David Coleman
Pianoforte:Davide Cabassi

Marguerite and Armand
Produzione della Royal Opera House, Covent Garden, Londra

Coreografia:Frederick Ashton
Musica:Franz Liszt
Arrangiamento:Dudley Simpson
Scene e costumi:Cecil Beaton
Luci:John B. Read

Concerto DSCH
Nuova produzione Teatro alla Scala
Coreografia:Alexei Ratmansky
Musica:Dmitrij Šostakovič
Costumi:Holly Hynes
Luci:Mark Stanley

Étoiles
Marguerite and Armand
Svetlana Zakharova 3, 5, 8
Roberto Bolle 3, 5, 8
Massimo Murru 18, 20, 23


Concerto DSCH
Svetlana Zakharova 3, 5, 8


Onegin
Produzione Teatro alla Scala
Set. 2012: 7, 10, 11, 12, 13, 14, 15, 17, 18
Coreografia:John Cranko
Supervisione coreografica di:Reid Anderson
Proprietà dei diritti:Dieter Graefe
Musica:Pëtr Il'ič Čajkovskij
Elaborazione musicale di: Kurt-Heinz Stolze
Direttore:Mikhail Tatarnikov
Scene:Pierluigi Samaritani
Costumi:Pierluigi Samaritani e Roberta Guidi di Bagno
Luci:Steen Bjarke

Étoile
Roberto Bolle 7, 10, 12, 15

Artista ospite
Maria Eichwald 7, 10, 12, 15


Orchestra dell'Accademia del Teatro alla Scala

Raymonda
Produzione Teatro alla Scala
Ott. 2012: 3, 5 (2 rappr.), 6, 9, 11, 13
Coreografia:Marius Petipa (1898)
Ricostruzione della coreografia e messa in scena:Sergej Vikharev
Musica:Aleksandr Glazunov
Direttore:Alexander Titov
Scene originali:Orest Allegri, Pëtr Lambin, Konstantin Ivanov (1898)
Ricreate da:Elena Kinkulskaya e Boris Kaminsky
Costumi originali di:Ivan Vsevoložskij (1898)
ricreati da:Irene Monti
Ricerche storiche d'archivio e coordinamento:Pavel Gershenzon

Étoile
Massimo Murru 3, 5s, 9, 11

Artista ospite
Olesia Novikova 3, 5s, 9, 11


Con la partecipazione degli Allievi della Scuola di Ballo dell'Accademia Teatro alla Scala

エクセルシオールがかかるのは久々でしょう。しかしバレエのシーズン開幕は1月にずれ込むらしい。
ザハロワがスカラ座に帰ってきます。ジゼルはザハロワ&ボッレ、ノヴィコワ&サラファーノフ。
新作については何もわかりません。
ザハロワは大活躍。マルグリットを踊り、さらにラトマンスキーのConcerto DSCHも踊るという。
ムッルのマルグリットは誰になるのでしょうか。もうギエムは来ないでしょうから。
そしてオネーギンの再演にムッルの名前がない!ショック。
2011年10月にセルゲイ・ヴィハレフが復刻するライモンダのスカラ座プロダクションは早速再演。今シーズンはノヴィコワ、ギョーム・コテ、ムッルの3人がファーストキャストになっていて、ムッルはジャン・ド・ブリエンヌではなくアブデラーマンらしいのですが、2012年10月もそうなのでしょうね・・・今更ジャンを踊るとは思いません。では来シーズンのノヴィコワ ライモンダを射止めるのは誰になるのでしょうか。

アルマンとアブデラーマンだけなの?(泣)

スカラ座バレエ | 【2011-04-15(Fri) 23:27:50】
Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。