フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
東京バレエ団 マカロワ版「ラ・バヤデール」 4月16日 東京文化会館
こんな時期に日本に来てくれるゴールディングを感謝の気持ちと共に見たく、キャスト変更発表後にチケットを追加して観に行きました。
1階席割と前のほうの上手ブロックでしたが、17日に正面から見てみて、やはり情報量は違うと実感。前列に少々背の高いお方がいたので1幕の大僧正下手定位置とか、3幕のソロル下手定位置が見えなかったのもちょっと痛かった。運ですから仕方ありませんが。

ゴールディングは脚まわりの柔らかさが印象に残りました。たくましすぎない程度に上半身もあり、脚は長く、お顔は小さくなかなかハンサム、全体にとてもバランスのいい体型です。テクニックは安定していて、サポートもまずまず、何より舞台に居るときの存在感の自然な優しさが魅力的。その好感度の高い青年ぶりのままの、無理のないソロル像。ニキヤを愛しているけれど、ガムザッティにもなんだか惹かれちゃう。ニキヤとの逢瀬ではラブラブ光線だし、ガムザッティとは案外にこやかにチェスをしてしまう。決断のできる状況でもないけれど、流され続けます。最後の最後にやっぱり結婚できない、誓ったのだから、というところで大僧正に無理やり跪かされて寺院崩壊。昔はソロルという男が大嫌いでしたが、最近は極めて寛容。そうなの、辛いとこね、仕方ないわねと受け入れています(笑)
ゴールディングもちっとも嫌な感じがしなくて、迷い続ける優柔不断な優しさがリアルに迫り、納得させられてしまいました。

踊りは特に回転系がクリア。ジャンプの最後のつじつまあたりはもう少しでしょうか。マカロワ版のソロルの映像その他残像というとロベルト・ボッレだったりして、比べればテクニックキレキレではないのだとは思いましたが、そもそもそういう比較の基準を持っていること自体いかがなものなのか、と今回思いました。日本に居て選りすぐられた海外ダンサーの舞台を見ていると、サラファーノフあたりのテクニックが当たり前のようになってしまう。確かに目を見張るようなテクニックも魅力的ですが、全幕の人物を演じている限り踊りもその中のもの。最低限もしくはそれに余裕を持たせるレベルをクリアしている必要はありますがそれ以上はプラスアルファ。ゴールディングは十分にソロルの思いや叫びや悔恨を踊りの中にこめていて、そのクオリティもなかなかのもの。そういう良さををもっと評価したり受け取った方がいいのではないかと思った次第。

で、平たく言うとゴールディングはとても素敵でした。目尻を下げながらうきうきと見つめていました。本当に良くぞ来てくれたと思います。とても丁寧に愛情を持って舞台を務めているのを感じました。制止を振り切り不安を抱えつつも今回来てくれて、素晴らしい舞台を見せてくれた彼には次の日本で踊るチャンスをオファーして欲しい。ありがとうだけではなく、彼には実力と魅力がある。バジルでもジークフリートでもアルブレヒトでもいいと思います。そうそう、彼が主演しているオランダ国立バレエのラトマンスキー版「ドン・キホーテ」DVDを手に入れなくては。

上野さんは等身大の現代のお嬢さんの延長のニキヤでした。恋する可愛い女の子。
印象に残っているのはガムザッティとの対決シーン。とても真に迫って見応えがありました。
もう少し音楽を感じさせてくれて、踊りが役の感情の表出になりきっていればいいのになあと。

ガムザッティ4連投になってしまった田中さんは堅実。彼女の崩れない踊りや、きりっとしたところ、感情表現が豊かになってきたところもお気に入りですが、惜しむらくは華やかさが足りない。ラジャの娘の威厳や高慢さ、輝きはきちんとあるけれど、人前で演ずる人たちによく言われる“華”があまりない。こればかりは努力でつくものでもないような気がします。でもとても好きなダンサーなのでこれからも応援モードで期待を持って見続けます。

後藤さんの大僧正、ニキヤとソロルの密会後、去っていくソロルを追うようにして走り出てきたところが強く印象に残りました。慌てふためき我を忘れて駆け出す、目に焼きついた生脚の脛。大僧正の豪華な衣が乱れて見えてしまった、その激しさに。その後の復讐を誓うシーン、わかりやすくて思わずひとり笑いがこみ上げてきたほど。

ゴールディングに魅せられ、群舞その他ソリストもなかなか、全体に楽しめた公演でした。何よりあの震災後初めての全幕バレエ鑑賞。日本の将来への不安、原発と続く地震への不安、何もできないようなもどかしさ、自分の中でも感情の浮き沈みがいろいろとあり、沈んでしまった時には、もうなにもかも忘れて、昔に戻って美しい全幕バレエの世界でうっとりしたい、そう切望してしまった瞬間もありました。もう戻れないのはわかっています。でも日常も音楽も舞踊も芸術全般も続くのです。

振付・演出:ナタリア・マカロワ(マリウス・プティパ版による)
振付指導:オルガ・エヴレイノフ
装置:ピエール・ルイジ・サマリターニ
衣裳:ヨランダ・ソナベント

◆主な配役◆

ニキヤ(神殿の舞姫):上野水香
ソロル(戦士):マシュー・ゴールディング
ガムザッティ(ラジャの娘): 田中結子
ハイ・ブラーミン(大僧正): 後藤晴雄
ラジャ(国王):木村和夫
マグダヴェーヤ(苦行僧の長):高橋竜太
アヤ(ガムザッティの召使):松浦真理絵
ソロルの友人:柄本弾
ブロンズ像:松下裕次

【第1幕】

侍女たちの踊り(ジャンベの踊り):矢島まい、川島麻実子
パ・ダクシオン:
高村順子、岸本夏未、阪井麻美、大塚怜衣
西村真由美、乾友子、小川ふみ、二階堂由依
柄本弾、森川茉央

【第2幕】

影の王国(ヴァリエーション1):岸本夏未
影の王国(ヴァリエーション2):佐伯知香
影の王国(ヴァリエーション3):高木綾

指揮: ワレリー・オブジャニコフ
演奏: 東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

公演感想2011 | 【2011-04-17(Sun) 23:09:58】
Trackback(-) | Comments(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。