フリーエリア
東北地方太平洋沖地震 義援金
プロフィール

homia

Author:homia
homia(ほみ)
2004年春、山岸涼子の「テレプシコーラ」を読み
同年8月東京バレエ団40周年記念ガラからバレエに通い始める
2006年7月7日ブログ開始

最近の記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリー
シンプルアーカイブ
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】
Trackback(-) | Comments(-)
ニコラ・ル・リッシュとパリのエトワールたち 公演延期
NBSのお知らせ

8月13日より、ゆうぽうとホールで公演を予定しておりました<ニコラ・ル・リッシュとパリのエトワールたち>は、東日本大震災および福島第一原子力発電所の事故の影響を危惧した、ニコラ・ル・リッシュの判断により、8月の来日を中止し、公演を延期することとなりました。

仕方ないですね。
新しい来日中止の報に触れるたび半日ぐらいはどんよりしてしまうのは、来ないことを非難したいのではなくて、本当に日本は今そういう国、場所なんだなあと思い知らされるから。

その新しい知らせは大概、では上演されるものに、来てくれた団体に、と財布を開かせることになるのですが、今回はそれもかなわない状況。
バーミンガム・ロイヤル・バレエの公演にはあと3回ばかり行きますが、アシュトン・プロの両キャストと眠りのタマラ&マッケイ。自分の日程を決めたときから、ツァオ・チーの王子が見たくて観たくて、ずーっとうずうずしているのですが、いろいろとスケジュールの都合もありやはり無理。あのゴージャスそうな眠りをもう1回観ておきたかった。


日経の夕刊に震災後のPTSDのことがチラッと出ていましたが、我が家の昭和ヒトケタ殿、未だに地震の時のことが繰り返し思い出されるらしい。だいぶ戻ってくれたかな、大丈夫かなと思っていましたが迂闊でした。

復興も、原発事故の行方も、電力の今後も、家族をケアすることも、舞台芸術を支えることも。
かなしくなっても朝には起きて、歩き出したいと思う。
ちょこちょこ弱音を吐きつつも。

バレエあれこれ | 【2011-05-19(Thu) 23:08:15】
Trackback:(0) | Comments:(0)
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。